銀行カードローンは、消費者金融より信用ができるという印象を持っている方少なくないと思います。

 

 銀行カードローンは、消費者金融より信用ができるという印象を持っている方少なくないと思います。

現在では、法人ではなく個人で現金を借りる場合、サラ金とクレジットカードのキャッシングサービス、そしてこの銀行カードローンの3つの方法があります。

実際は元々は、銀行は個人を対象にカードローンをやっていませんでした。
個人相手に現金を貸していた金貸しとしては、消費者金融またはトイチなどの金融庁の許可を取っていないところの2つでした。

サラリーマン金融というイメージだけだとあまり良い印象ではないかもしれません。

 

 

ただ、このイメージは合法的な会社とヤミ金が、そのような方にはよく違いがわからなかったので、サラ金は返せなかったら取り立て=怯える、という形です。
現在カードローンに申込みして数万〜数十万円をキャッシングするという一部の方が良くないイメージはそのころの漠然とした不安もが原因でしょう。

 

 

だが、80年代のバブル崩壊後、たくさんの貸金業者が次々と事業を畳んでいきました。

銀行が潰れていくのと比例して景気も悪くなり、現金を借り入れしにくくなりました。
それに影響されて銀行の収益も同時に減っていきました。
現状のままではまずいということで、銀行は消費者金融をグループとして傘下に収め、個人のキャッシング業務を成長してゆきます。

 

 

今の大企業のキャッシング会社はほぼ総量規制という年収の1/3制限の法律が原因で、銀行グループに再編されています。
そうして、銀行の売上の中で重要なセクターとなっています。

さて、数万〜数十万円を引き出す時に、銀行カードローンの優位性って何?というポイントを3つまとめていきます。

 

 

銀行カードローンの1番の特徴としては、総量規制(年収3分の1制限)をクリア。
総量規制とは、1年間の給料の1/3以上を引き出すことができないという法律です。
銀行でないキャッシング会社は、総量規制の影響を受け、銀行カードローンはそれをクリアします。
この規制があるため1年の所得の3分の1以上キャッシングをしたいケースは、銀行カードローンが現実的な選択肢です。

 

 

2番の特徴としては、キャッシング専業者と比較すると上限金利の利息が低いです。
無論、最高金利数%低金利だと、10万円融資を受けると場合、1年で3,000〜5,000円ほど利息がお得になります。

 

 

3番の特徴としては、銀行系は銀行でないキャッシング会社に対して審査が厳格で、キャッシングの借入上限枠が大きくなる傾向があります。
逆に言うと、消費者金融は、銀行ローンと比べると審査の通過率が高めで、カードローンの融資の上限額が小さくなる傾向があります。

テレビCMをやっている大手の消費者金融系のキャッシングでしたら、今では約8割が、銀行内のグループなので安心して借りれます。

信用情報が大丈夫であれば、単純に金利を低くしられて、{高額の|まとまった|より多くの]現金を借金できる銀行ローンが便利です。
逆に、過去に3ヶ月以上の遅延など事故歴があり信用情報に傷がある方は、消費者金融系のキャッシングが最適です。

 


あなたのニーズにピッタリのキャッシングをを活用して、1日たりとも遅延がないように、借金を返済していく。
これが銀行系でも消費者金融系のキャッシングでも肝要なポイントです。



セゾンファンデックス審査はこちら